特定健診・特定保健指導

特定健診とは

40~74歳の被保険者・被扶養者を対象に生活習慣病(脂質異常症・高血圧・糖尿病)の予防と改善を目的として実施される健康診断です。約7000円~10000円相当の検診内容(身体計測・血液検査・尿検査等)が年1回無料もしくは数千円の自己負担で受診できます。

今年度お勤めの会社や住んでいる市町村が実施する健康診断を受けた方は特定健診を受診したことになります。「健診を受診する機会が無い」「健診を受けるのを忘れてしまった」という方は、3月末日まで特定健診の受診資格があります。

*健診内容や期間・負担額については、加入している公的医療保険(お使いの保険証)によって異なります。

特定健診・特定保健指導を受けるには

加入している公的医療保険から「特定健康診査受診券」が届いたら電話予約をしてください。受診資格があるかわからない方や受診券を紛失してしまった方は、加入の公的医療保険へ確認してください。

特定健診の検査項目以外も受診をご希望の方は、「人間ドック」等他の健診の受診割引券としても使用できます。(約7000~10000円が割引になります)

特定保健指導とは

健診の結果から生活習慣病の発症リスクが高い方に対して、予防効果を期待して、生活習慣の改善を目的として行います。健診受診当日と受診後3~6ヶ月経過したところで保健師が電話や面談を通して保健指導に入ります。

下伊那厚生病院 健康管理課 Tel:0265‐48‐8100 Fax:0265-35-1512
受付時間:平日10:00〜17:00

< 「健診センター 人間ドック」へ戻る

Page Top