トップページ > 病院のご案内 > 病院長あいさつ

病院長あいさつ

長野県厚生農業協同組合連合会
下伊那厚生病院  院長 朔 哲洋  
病院と地域の垣根を低く
当院は医療から遠ざけられがちな農村地域で、住民が気軽に保健・医療に接する場を提供し、地域住民の健康と暮らしに寄与することを理念に昭和61年に診療所として設立された協同組合の病院です。
確かに現代は、都市部の大きな病院に行くのも昔のような困難さはありませんが、多忙な日常の中で、病院は敷居が高くて病気のことはともすれば後回しになってしまいがちです。私たちは地域の皆様が予防から治療まで健康に関することなら何でも気軽に安心して相談できるような病院を目指しています。

福祉の充実にも参加します
さて、近年は福祉に対する要望も大きくなってきました。以前より積極的に行ってきた訪問診療・看護をはじめ、H17年には通所リハビリの拡充、療養病棟の開設を行いました。今後も地域の福祉の充実に参加させていただきます。

地域の皆様とともに
末尾になりましたが、当院は平成11年度の病院化も含め地域の皆様のご支援で運営している文字通り地域の皆様の病院です。今後とも変わらぬご指導をお願いし、ご挨拶とします。

< 「病院のご案内」へ戻る

Page Top