トップページ > お知らせ > 新型コロナウイルス抗原定量検査のご案内

お知らせ

新型コロナウイルス抗原定量検査のご案内

2020/10/14

【新型コロナウイルス抗原定量検査とは】

 ウイルスを特徴づける蛋白質(抗原)を化学発光酵素免疫法を用いて定量的に測定し感染の有無を測定します。

〇感度:PCR検査と同等の高い感度で、少量のウイルス量でも検出可能です。
〇検体:当院では、鼻の奥の粘膜を専用綿棒で採取します。

【検査対象者となる方】

無症状の方が対象です。
以下の症状がある方は検査することができません。

(症状)

37.5℃以上の発熱、咳、痰、咽頭痛、倦怠感、味覚・嗅覚異常
その他、新型コロナウイルス陽性者・疑われる人との接触がある方。

【検査予約方法】

〇完全予約制  下記電話に予約受付時間内にご連絡下さい。

電話:0265-35-7511

予約電話受付時間 14時~17時まで

※予約後に発熱や咳・倦怠感などの症状が出た場合は必ず下記にご相談下さい。
「新型コロナウイルス感染症有症状者相談窓口」(帰国者・接触者相談センター)
 電話 0265-53-0435(飯田保健福祉事務所)

【検査費用】

8,000円(税込)

診断書の発行希望がある場合は別途2,200円(税込)

【検査の実施方法】

ドライブスルー形式で車に乗ったままの検査となります。
予約日時に車で来院いただき、病院内の駐車場に停車し病院電話0265-35-7511まで新型コロナウイルス検査に到着した旨をご連絡下さい。

【検査結果】

検査終了後、2時間で検査結果が出ます。
陽性の場合は、2時間以内に記載の連絡先にご連絡致しますので必ず連絡が取れるようにお願いします。

【お会計・検査結果確認方法】

結果用紙をお渡しするのと引き換えに会計になります。
検査終了後から2時間後以降に会計窓口にお越しください。

※検査当日の17時までに必ずお越し下さい。

【検査のタイミングについて】(下記図参照)

無症状者の場合でも潜伏期間をおいてウイルスが増殖します。
短期滞在(2日以内)で無症状者の場合は、曝露当日(帰省日や接触日)を「0日目」と起算すると、「1日目、2日目」は感染していたとしてもウイルスが増えていないため検査をしても陰性となります(偽陰性の可能性あり)。感染している場合、「3日目もしくは4日目」には検査で判断できる程度のウイルス量となっているため、検査時期としては「3日目もしくは4日目」が望ましいと考えられています。
長期滞在(3日以上)で無症状者の場合は、帰省直後に検査を実施し、帰省後3・4日目に再検査を行うことが望ましいと考えられています。
※上記はあくまで保健所等の推奨の考え方になりますので、希望等あれば検査は実施可能です。

【検査結果について】

感染初期や潜伏期でウイルス量が少ない場合、結果が陰性となることがあります。陰性の結果でも、すべの可能性が否定できるわけではありません。

< 「お知らせ一覧」へ戻る

Page Top