トップページ > 診療科のご案内 > 看護部 > 看護部トピックス<2013年度>

看護部トピックス

看護部トピックス<2013年度>
私がご案内します(看護部長 今川)

学会への参加

平成25年度の学会参加が終了しました。今年度は固定チーム研究会長野地方会をかわきりに5つの学会にて演題を発表しました。今年は「介護福祉士」も演題発表へ参加できました。
発表者も協力者も大変お疲れ様でした。
ネットワークを広げ自己研鑽への力となることを願っています。

文責 看護部長 平成26年1月15日

写真:日本農村医学会(福島県にて開催)発表の様子・鶴ヶ城

敬老会を開催:療養病棟「こもれび」

9月22日、療養病棟「こもれび」では、レクリエーション係が中心となり「敬老会」を開催しました。当日は、山本フラダンスサークル「ブローディア」の皆さんによるフラダンスとこもれび職員によるこもれび喫茶が開かれました。利用者さんは自然に体や手を動かしてリズムをとったり、職員の飛び入りの参加で大いに盛り上がりました。「楽しかった!」「ハワイに行ったことを思い出した」と笑顔でいっぱいでした。病棟で日常を過ごす利用者さんにとっても、楽しい思い出の一コマになったのではないかと思います。

文責 介護福祉士 片桐福恵 平成25年9月30日

真夏がやってきました

7月8日の梅雨明け宣言と同時に、一気に真夏がやってきました。
熱中症の注意報も出ています。当院への救急搬送も多く、高齢者や子供だけでなく、私たち自身も健康管理に留意しなくてはいけません。
今回は、当院へ来院される皆さんへの涼風を誘う「小さな心使い」をご紹介します。

文責 看護部長 平成25年7月24日


玄関:労働組合「女性部」の皆さんの初仕事、見事に咲きました。


透析室:満開のあじさいが通院患者さんをお迎えします。


デイケア:七夕飾り、利用者さんの願い事かないますように・・・


療養病棟:利用者さんが一つずつ貼り合わせをしたあじさいの大作です。色とりどりできれいです。

固定チームナーシング研究会へ参加

伊那文化会館において、固定チームナーシング研究会第17回長野地方会が開催されました。当院では療養病棟の職員2名が演題の発表を行い、計15名で参加しました。

・当院からの演題発表
看護師:宮下尚美「終末期における看取りの援助の充実を図る取り組み」
介護福祉士:松澤美紀「個別性に配慮した快適な排泄ケアへの取り組み」

意見交換や、アドバイザーの先生からのご指導をいただき、次のステップへ進む機会となりました。午後の全大会には一般病棟・療養病棟の主任が参加し、「師長・主任の役割」についてグループディスカッションがおこなわれ、同じ悩みや問題を抱える仲間との意見交換ができ、多くの学びがあったと報告がありました。
平成26年度の開催は、当院が当番病院をさせていただく予定です。

文責 看護部長 平成25年6月4日

看護の日:花ポットをプレゼントしました

5月12日はフローレンス・ナイチンゲールの誕生日にちなんで「看護の日」と制定されており、「看護の心をみんなの心に」と各地でイベントが催されています。
当院では、看護部自治会「ひまわりの会」の職員が中心となり、5月8日~10日までの3日間、外来受診をされた患者さんに、毎年恒例となった花ポットをプレゼントしました。今年は、ピンク・白・紫など色とりどりの「ミニカーネーション」を用意しました。
お花のプレゼントは、皆さんを笑顔にして「いただきます」「ありがとう」とうれしい言葉をたくさんいただきました。午前中の1時間あまりでしたが、患者さんのたくさんの笑顔と温かい言葉に「今日もガンバロー」とたくさんの元気をいただきました。

文責 看護部長 平成25年5月10日

平成25年度新規採用職員の辞令交付式

4月1日、フレッシュな職員を加えて新年度が始まりました。
これから現場で臨床経験を積み、大きく羽ばたいてほしいと願います。

また、4月9日には職員の歓送迎会が開催され、100名余の職員から歓迎を受けました。
仲良く・元気に頑張りましょう!!

文責 看護部長 平成25年4月9日

< 「看護部」へ戻る

Page Top