トップページ > 診療科のご案内 > 予防接種 > 麻しん風しん混合(MR混合)

麻しん風しん混合(MR混合)

麻しん風しん混合(MR混合)ワクチンとは

はしか(麻しん)と風しんを予防する生ワクチン。1歳から2歳の間に受ける定期接種です(1期)。

[予防する病気]
はしかは、麻しんウイルスが原因で起こり、今でも発病すると障害が残ったり命を落とす危険がある病気です。感染力はとても強く、自然感染すると10日間~2週間で発病します。高熱が1週間も続いて発疹が出るのが特徴ですが、せきがひどく、中耳炎や気管支炎、肺炎、脳炎などを合併する恐れもあります。
風しんは、風しんウイルスが原因で起こる病気です。数千人に1人が合併症を起こしたり、妊娠初期にかかると「先天性風しん症候群」の赤ちゃんが生まれる可能性があります。

接種内容

[麻しん風しん混合]

接種対象 1期: 生後12~24ヶ月に1回
2期: 就学前1年間(年長児)に1回
3期: 中学1年生で2回目が終わっていない方
4期: 高校3年生で2回目が終わっていない方

[麻しん単独]

接種回数 必要に応じて1回

[風しん単独]

接種回数 必要に応じて1回

接種スケジュール

接種方法

定期接種では、1歳を過ぎてから(1~2歳)1回腕に注射します(1期)。また、小学校に入学する前の1年間(前年4月1日から、入学前日の3月31日まで)、5~6歳の時点でもう1度腕に注射します(2期)。
※ 接種後1ヶ月間は他の予防接種ができません。また、接種後2ヶ月間は避妊が必要です。

接種費用

麻しん風しん(混合ワクチン) 7,560円(農協組合員:6,789円)
麻しん(単独) 4,320円
風しん(単独) 4,320円(農協組合員:3,909円)

※ 農協組合員の方は、受付時にお申し出ください。

接種お申込み先

●お電話でご予約ください。
●他の予防接種との接種間隔に注意して下さい。
●安全性、副反応が出た時の危険性もご理解の上、同時接種できます。

下伊那厚生病院 健康管理課 Tel:0265-48-8100(直通) Fax:0265-35-1512
E-mail:shimoina☆janis.or.jp(☆を@に変えて送信してください)
受付時間:平日10:00〜17:00

< 「予防接種」へ戻る

Page Top