看護部教育体制

教育理念と教育目標

教育理念

専門職業人として、看護・介護の質を高め、自律した看護職の育成を目指す。

教育目標

①看護・介護実践能力
患者を総合的にとらえ、適切なアセスメントから評価までの看護・介護の実践ができる。
②リーダーシップ・マネージメント能力
冷静な判断・決断ができ適切なリーダーシップがとれる。
③対人関係能力
社会人としての自覚を持ち、責任のある行動と良好な人間関係を築くことができる。
④教育・研究能力
看護・介護の専門職としての自己実現を目指すことができる。

新人教育

目的
新人看護師が、深刻なリアリティーショックを体験することなく職場に適応し、看護師として自信を持ち、看護実践をしていけるように支援する。また、全看護職員が新人を支援し共に支え合い成長することを目的とする。
教育体制
支援する体制として、実地指導者(プリセプター)・教育担当者(エルダー)・研修責任者(看護部長)・プログラム企画組織(看護部教育委員会)を配置する。
新人看護師研修プログラム

継続教育

看護師としての実践能力を高め、自己啓発や相互啓発に努める。
教育プログラム(看護師・介護職員) ※平成27年改訂

卒後年数ごとにプログラムを組んでいます。

看護研究

看護・介護の専門職としての自己実現を目指す、小集団活動の成果発表は看護研究、QC活動として院内・院外への発表。

看護部 イメージ画像

 

< 「看護部」へ戻る

Page Top