日本脳炎

日本脳炎ワクチンとは

日本脳炎を予防する不活化ワクチンで、生後6ヶ月から受けられる定期接種です。

[予防する病気]
日本脳炎は、日本脳炎ウイルスを持った豚を刺したコガタアカイエカが人を刺してうつる病気です。40度以上の高熱や嘔吐、頭痛、けいれん、意識障害を起こし、後遺症が残ったり、亡くなることもあります。

接種内容

接種内容 1期 3~4歳の間に2回(接種間隔は1~4週間)
2回目接種の1年後に追加の1回
2期 9歳~12歳も間に1回
計4回を腕に接種します。

接種スケジュール

接種費用

料金(税込) 定期接種

 

接種お申込み先

●お電話、または健康管理課受付にてご予約ください。
●予約には市町村から配布された予診票が必ず必要です。
●他の予防接種との接種間隔に注意して下さい。
●安全性、副反応が出た時の危険性もご理解の上、同時接種できます。

下伊那厚生病院 健康管理課 Tel:0265-48-8100(直通) Fax:0265-35-1512
E-mail:shimoina☆janis.or.jp(☆を@に変えて送信してください) 受付時間:平日10:00〜17:00

< 「予防接種」へ戻る

Page Top